建材、骨材を京都で手に入れるなら、三洋興業

会社案内

沿革

 昭和35年当時の日本は、戦後の復興から安定期を経て、高度成長時代への入り口にありました。特に1964年(昭和39年)の東京オリンピック開催に向けて、名神高速道路や東海道新幹線などの大規模な工事が進み、日本中で建設ブームが起こりました。そのために「3白(さんぱく)時代」と言われ、砂糖・セメント・肥料がもてはやされたのです。
 日本の地質は石灰岩は豊富なのですが(山口県の秋吉台はその代表です)、骨材(砂利)として良い石はなかなかありません。当時創業者である故柴田繁三郎は、あるセメント会社から砂利を手配する相談を受けていました。そんな時たまたま京都駅からJR(当時の国鉄)の草津線に乗り妻の実家がある滋賀県甲賀郡甲南町に行く途中、車窓から野洲川の河川に良質の骨材が盛り上がっているのを見ました。これが契機となって、セメント会社に砂利を提供したのが始まりです。

昭和35年5月 柴田繁三郎 創業
資本金 3,000千円 下京区烏丸五条下ル大阪町375番地にて会社設立
昭和47年10月 京都府長岡京市神足稲葉19番地 に本社移転
昭和54年6月 資本金 50,000千円 に増資
昭和58年10月 子会社 三洋土質エンジニアリング を設立
昭和60年10月 京都府長岡京市神足稲葉19番地 に本社社屋新築
平成21年6月 前田尚之 社長に就任
平成22年10月 三洋土質エンジニアリング 一般貨物自動車運送事業 取得
平成26年10月 場内での「小口建材販売部門」を開始
平成28年5月 宅地建物取引業取得
PAGE TOP

概要

商号 三洋興業株式会社
本社 京都府長岡京市神足稲葉19番地
TEL 075-954-5001
FAX 075-954-6860
創業 昭和35年5月20日
社是 誠意と責任を以って努力する
資本金 50,000千円
代表者 代表取締役 前田 尚之
決算 年1回 3月
事業目的
  • 1. 建設資材の生産並びに販売
  • 2. 貨物利用運送事業
  • 3. 諸工事に伴う土質改良工事、建築工事、土木工事、舗装工事の設計、施工、監理、請負並びに測量
  • 4. 土木工事一式
  • 5. とび・土工工事業
  • 6. 石工事業
  • 7. 舗装工事業
  • 8. 水道施設工事業
  • 9. 土に関する調査、試験、改良の研究並びに前記に伴う開発に関する特許、実用新案、意匠等の無体財産権の実施、対価を得ての専用実施権の設定、通常実施権の許諾及びこれら財産権の譲渡
  • 10. 不動産の売買、賃貸及びその仲介並びに管理
  • 11. 前記各号に附帯関連する一切の業務
許可 建設業許可 京都府知事(般)第18251号
第一種貨物利用運送事業 許可 近運自貨第339号
宅地建物取引業 京都府知事許可(1)第13688号
有資格者

1級土木施工管理技士:3名
2級土木施工管理技士:2名

1級建築施工管理技士:1名
2級建築士:1名
測量士:1名
宅地建物取引士:1名
コンクリート技士:2名
樹木医:1名
運行管理者:2名

取引銀行 三菱東京UFJ銀行 京都支店
京都銀行 長岡支店
京都中央信用金庫 長岡支店
京都信用金庫 長岡支店
みずほ銀行 京都支店
三井住友銀行 京都中央支店
登録代理店 住友大阪セメント株式会社販売特約店
(社)日本運動施設建設業協会
(公社)京都府宅地建物取引業協会
(社)京都道路建設業協会
京都アスファルト合材協会
乙訓土木協会
関係会社 三洋土質エンジニアリング株式会社
株式会社三洋スポーツ企画

地図

地図
PAGE TOP
  • お問い合わせ先 TEL:075-954-5001
  • お問い合わせ
  • 小口建材の販売を始めました